.gitignoreの設定.中間ファイルをpushしたくない

データ解析していると,ある程度解析した内容をpowerpointやwordでまとめたくなってくる.

もちろん,jupyter notebookを使ってhtmlでファイルを生成して,ファイルを渡せばデータ解析の結果を見せることもある.わざわざ図を整えなくても良いので楽ではある.

しかしながら,探索的データ解析をしていると,出来た図の一部だけピックアップしておきたい.しかもそれらを同じrepository内に入れて共有用にしておくとスッキリする.

同時編集なんてしてしまった暁には,大変なことになるのは承知しているのだが…

ということで,以下には.gitignoreの設定ファイルを載せている.
ほとんど,gitignoreの書き方チートシート【テンプレあり】に依拠している.変更点としては,.xlsx, .csvをignoreさせる.また,vimでの作業中に生まれる中間ファイルもignoreさせる.また,microsoft系のアプリケーションを動かしている時に生まれる中間ファイルも全部無視.いつも出てくる .DS_Store も無視である.

gitを起動した際には,取り合えずこれを貼り付けておこう.

# intermediate files
*.xlsx
*.csv
*.swp
~*

.DS_Store

# python 
__pycache__/
*.py[cod]
*$py.class

# C extensions
*.so

# Distribution / packaging
.Python
build/
develop-eggs/
dist/
downloads/
eggs/
.eggs/
lib/
lib64/
parts/
sdist/
var/
wheels/
*.egg-info/
.installed.cfg
*.egg
MANIFEST

# PyInstaller
#  Usually these files are written by a python script from a template
#  before PyInstaller builds the exe, so as to inject date/other infos into it.
*.manifest
*.spec

# Installer logs
pip-log.txt
pip-delete-this-directory.txt

# Unit test / coverage reports
htmlcov/
.tox/
.coverage
.coverage.*
.cache
nosetests.xml
coverage.xml
*.cover
.hypothesis/
.pytest_cache/

# Translations
*.mo
*.pot

# Django stuff:
*.log
local_settings.py
db.sqlite3

# Flask stuff:
instance/
.webassets-cache

# Scrapy stuff:
.scrapy

# Sphinx documentation
docs/_build/

# PyBuilder
target/

# Jupyter Notebook
.ipynb_checkpoints

# pyenv
.python-version

# celery beat schedule file
celerybeat-schedule

# SageMath parsed files
*.sage.py

# Environments
.env
.venv
env/
venv/
ENV/
env.bak/
venv.bak/

# Spyder project settings
.spyderproject
.spyproject

# Rope project settings
.ropeproject

# mkdocs documentation
/site

# mypy
.mypy_cache/

git/github その他
スポンサーリンク
あきとしのスクラップノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました